家族でも食事は別々に

 

犬も人間も雑食ですが、犬は人間よりもタンパク質やビタミンを多く必要としています。
人間にとって良くても、犬にとっては栄養バランスの悪い食事になってしまいます。

 

健康で楽しい時間を長く一緒に過ごせるように、犬には栄養バランスの良いドッグフードを選んであげてください。

 

犬と人間の栄養バランスの違いとは‥

 

成犬と成人の食事の栄養素量を比較するとかなりの差があることがわかります。
それぞれの理想的な食事100kcalあたりに含まれる栄養素の量を比べてみました。

 

犬の方が多く必要とする栄養素の例
  • タンパク質‥1.9倍
  • リン‥4.8倍
  • カルシウム‥6.3倍
  • 亜鉛‥7.5倍
  • 鉄‥4.8倍
  • ビタミンB12‥6.0倍

 

犬の方が少ない方がいい栄養素の例

食塩‥0.1倍

 

ビタミンCは人間では必要ですが、犬は体内で合成することができるので必要ありません。

 

人間の食事を与えると思わぬトラブルも‥

 

犬は人間よりもカルシウムやリンを多く必要としていますが、人間の食事ではカルシウムが少なくリンの割合が高いものが多いので気をつけましょう。

 

カルシウムとリンは食事中に含まれている量だけでなくバランスも大切です。
リンとカルシウムのバランスが悪い食事を続けると骨がもろくなることもあります。

 

特に犬の大好物の肉にはリンが多く含まれますがバランスが悪いので主食では足りません。

 

また食塩に含まれるナトリウムも犬にとっては必要な栄養素ですが、一般的な人間の食事には犬が必要としている量よりも多く含まれています。

 

食塩を摂りすぎると腎臓に負担をかけるので気をつけましょう。