更新日:2017/09/19

犬も美しさと健康は食事から

犬の健康は食事から

平均寿命が延びつつあるペットたちも、ただ長く生きるだけでなく元気でハツラツとした姿でいてもらいたいですよね。

 

こちらでは元気で長生きしてほしいペットにお勧めの栄養素や食事を紹介します。

 

おすすめの栄養素はオメガ3脂肪酸

美しい女性が積極的にとっているおやつとしてナッツが紹介され、人気が出たことがありますが、これはナッツ類にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているからです。

 

オメガ3脂肪酸は美容以外に健康面でも優れた効果を発揮する栄養素です。

 

ナッツを犬のおやつにすることはお勧めできないので、オメガ3脂肪酸を多く含むドッグフードを主食にすると効率よくオメガ3脂肪酸を摂ることができます。

 

鮭などの魚にも多く含まれているので、鮭を材料に使っているドッグフードやオメガ3脂肪酸を添加しているドッグフードをお勧めします。

 

オメガ3脂肪酸が豊富とパッケージに書かれていても、どのくらいの量が含まれているかは製品によって大きな差がありますので、オメガ3脂肪酸の量が確認できる製品を選びましょう。

 

オメガ3脂肪酸の役割
  • 皮膚炎、関節炎などの炎症を緩やかに抑える。
  • 免疫力を高める。
  • 脳の健康を保つ。
  • 血液の流れを良くする。

人間ではアトピーや糖尿病、心臓病などいろいろな病気に対して良い影響を与えてくれると言われていますが、犬にも同様な報告があります。

 

犬の皮膚病や認知症の治療としてオメガ3脂肪酸のサプリメントが使われることもありますが、ドッグフードに十分な量が含まれていればサプリメントを摂る必要はありません。

 

バランスを大切に

栄養バンスの良いドッグフードを与えましょう

他にも免疫力を高めたり、体内の活性酸素と戦って老化を早めないように働きかけるビタミンEやビタミンCも積極的に摂りたい栄養素です。

 

こういった栄養素を摂ることも大切ですが、基本は年齢や体調に合った総合栄養食を主食にすることが大切です。

 

栄養バランスの良いドッグフードで、なおかつ安全な原材料を使っている消化の良いドッグフードを選んでください。

 

このような条件のドッグフードを選ぶと極端に安価なものは少なく値段も相応であることも多いのですが、安全な材料を使ったり特定の栄養素を添加するためにはその分材料費が余分にかかってしまうのです。

 

獣医師が勧めるドッグフードの値段があまり安くないのは、こういった理由があります。

 

 

犬の美しさと健康を維持する栄養素や食事記事一覧

一口に犬と言ってもいろいろな種類が存在し、それぞれの犬の特徴によってなりやすい病気も違ってくるのは、飼い主さまが一番お分かりだと思います。必ずこの病気にかかるという訳ではありませんが、日頃の健康診断の目安にしてください。このページは代表的なもののみ紹介しています。詳細が気になる方はかかりつけの動物病院にご相談ください。秋田犬肘関節、股関節形成不全ウェルシュ・コーギー股関節形成不全、頸椎症、てんかん...