更新日:2017/07/10

犬の食物アレルギーの症状や対処法

犬の食物アレルギーの症状

犬のアレルギー症状

  • 皮膚や耳をかゆがる
  • 皮膚や耳の赤み
  • ブツブツができる
  • 脱毛
  • 下痢、嘔吐

 

犬の食物アレルギーの症状は、そのほとんどが、お腹や股、脇などの皮膚にあらわれます。かゆみや赤みが見られる場合が多く、皮膚の他に、耳や目の充血があらわれることもあります。

 

かゆみがひどいと、犬が舐めすぎたり、爪で強く掻きすぎて、傷となってしまいます。傷になった部分に細菌が入り込み、細菌性の皮膚炎を併発してしまうこともあります。まれに、ひどい食物アレルギーの場合は、下痢や嘔吐が起こることもあります。

 

食物アレルギーになりやすい犬種

ゴールデンレトリバーや、ラブラドールレトリバー、トイプードル、マルチーズなどに多いと言われていますが、犬種問わず、食物アレルギーである可能性はあります。

 

犬の食物アレルギー3つの対処法

薬でかゆみを抑える

まず、主な症状であるかゆみを取り除くために薬を飲みます。ステロイドや抗生剤を飲むこともあります。症状によっては、薬用シャンプーを用いる場合もあります。

 

アレルゲンとなる食物を特定する

次に、なんの食べ物にアレルギー反応を起こしているのかを調べます。動物病院で血液検査をすることでわかります。

 

アレルゲンを除去したドックフードに変える

アレルゲンとなる食べ物が特定できたら、それを含まないドックフードに変更します。いきなり全て変えてしまうと、慣れないドックフードを食べなかったり、下痢をする場合もありますので、徐々に変えていくようにします。

 

具体的な方法としては、今まで食べていたドックフードに、新しいドックフードを少し混ぜて様子を見ます。大丈夫なようなら次の日は以前のドックフードの量を減らし、その分新しいドックフードの量を増やします。そうしてゆっくりと新しいドックフードに変えて行きます。

食物アレルギーの場合のドックフードの選び方

食物アレルギーにおすすめのドッグフードとは?

ドックフードにアレルギー反応を起こす犬は実はとても多いです。食べ物がアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)となるのです。

 

ドックフードがアレルゲンなんてかわいそうですよね。そこで、食物アレルギーの犬におすすめのドックフードについてまとめました。

 

「アレルゲンになりやすい食べ物」を含まないドックフード

アレルゲンとなる食べ物は犬によってそれぞれ違いますが、鶏肉や牛肉などの動物性タンパク質や、小麦やトウモロコシなどの穀類はアレルゲンになりやすいと言われています。食物アレルギーの犬は、これらの食べ物を含まないドックフードを選ぶと良いでしょう。

 

「アレルゲンになりにくい食べ物」を含むドックフード

一方、「アレルゲンになりにくい食べ物」があります。魚やジャガイモ、お米などが、アレルゲンになりにくいと言われています。これらを含むドックフードを選んで、食物アレルギーを起こしにくくしてあげましょう。

 

タンパク質を分解しているドックフード

食物アレルギーは、主にタンパク質に反応します。そのため、食物アレルギー用のドックフードとして、タンパク質を極限まで小さく分解して、アレルギー反応を起こしにくくしているものがあります。

 

犬が反応する「特定のアレルゲン」を含まないドックフード

犬が、なんの食べ物にアレルギー反応を起こすかを調べて、それを含まないドックフードを与えるのもおすすめです。犬のアレルゲンは、血液検査で調べることができます。動物病院で検査をすれば、なんの食べ物にアレルギー反応を起こしているのかわかります。アレルゲンを特定して、それを含んでいないドックフードを選びましょう。

 

犬の様子を見てアレルギー対策を

最近はアレルギーを持つ犬が増えています。人間と同じように花粉やハウスダスト、ノミやダニなどの寄生虫だけでなく、特定の食べ物にアレルギーを起こすこともめずらしくありません。犬は一度食物アレルギーになってしまうと治りません。食事の内容に気をつけて、一生上手く付き合っていく必要があります。

 

犬の食事であるドックフードでアレルギー反応を起こしてしまうのはとてもかわいそうです。食事をしただけで皮膚がかゆくなったり、下痢を起こすなんてつらいですよね。薬で一時的にかゆみなどの症状を抑えても、アレルゲンである食べ物を食べている限り、かゆみは繰り返してしまいます。

 

ドックフードを食物アレルギー用に変えるだけで症状が改善されることがあります。また、犬がなんの食べ物にアレルギー反応を起こしているのか、調べてあげることも重要です。犬に合ったドックフードを選んで、食物アレルギーをしっかりコントロールしてあげましょう。

 

犬の食物アレルギーとは?

食物アレルギーの犬

特定の食材に含まれるタンパク質に体がアレルギー反応を起こし、皮膚の赤み、かゆみ、腫れなど、時には下痢や嘔吐、咳などの症状を起こすのが食物アレルギーです。

 

もともとは食事の中に含まれるタンパク質は体にとって大切な栄養素であるはずなのですが、そのタンパク質を体が外からやって来た敵だと思い込んでしまうことがあります。

 

体には外から病気のもとになる細菌やウイルスが入ってきたら追い出そうとする免疫力があるため、本来は敵ではないタンパク質を敵だと思い攻撃してしまうのです。

 

外からやってきた敵を追い出すために体は鼻水やクシャミを出させたり、皮膚に赤みやかゆみを起こす‥これらが食物アレルギーの困った症状なのです。

 

食物アレルギーがある犬の食事管理

アレルギー犬の食事管理

まずはどの食材にアレルギーを起こすのか突き止めなくてはなりませんが、今まで与えたおやつも含めて全て把握されている方は少ないのではないでしょうか?

 

そのような場合は、動物病院でアレルギー検査を受けることをお勧めします。アレルギーが分かれば、使用していないドッグフードを選べます。

 

また、いろいろな食材に対してアレルギーを起こす場合は食事の中に含まれるたんぱく質に特殊な加工をしてアレルギーを起こしにくい形状に変えてある療法食もあります。

 

特殊な材料を使用した療法食は獣医師の指示のもとに与える必要がありますので、かかりつけの先生と相談のうえで購入してください。