更新日:2017/05/29

わんちゃんの適切な食事量ってどれくらい?

犬の適切な食事量

どんなに栄養バランスの優れた食事でも食べ過ぎれば太ります。太りすぎず痩せすぎず、健康的な体を保つために適切な量の食事を与えましょう。

 

基本的にはドッグフードのパッケージに書かれている給与量が目安になりますが、適切な食事量には個体差があります。

 

同じ犬種でも体型や年齢、運動量や健康状態によって異なってきます。

 

犬の適切な食事回数

成犬なら1日2回に分けて与えることをお勧めします。ドッグフードのラベルに書かれている1日分の食事を2回に分けて与えます。

 

1日1回でまとめて与えることもできますが、おなかがすく時間が長くなると黄色い胃液を嘔吐したり、逆に太りやすくなることがあります。

 

また成長期の子犬では食事の回数が少ないと血糖値が下がりすぎて、倒れてしまうこともありますので気を配りながら食事の回数を決めてください。

 

太っている時の食事量

ドッグフードのパッケージのラベルに書かれている体重ごとの食事量は、あくまで理想的な体型(理想的な体重)であることを前提に計算されています。

 

太っている場合は獣医師に相談し、理想体重を教えてもらいましょう。

 

もし今の体重が8kgでも理想体重が6kgなら6kg分の食事を与えるようにします。

犬の1日に必要なカロリーの目安

  • 理想体型の体重5kgの成犬 約440kcal
  • 減量が必要な体重5kgの成犬 約240kcal

住んでいる環境や運動量などによって必要なカロリー量は大きく変わります。

 

体の小さな犬が1日に必要としているカロリーは意外と少ないですね。おうちのワンちゃんの理想体重が分からない場合はかかりつけの獣医師に相談してください。

 

もう少し詳しくカロリー計算をしたい方は以下の計算式を参考にしてください。

 

1日に必要なカロリーの計算法

犬の必要カロリーは?

 

安静時エネルギー要求量=70×(体重kgの0.75乗)

 

「安静時エネルギー要求量」とは?

これは1日中体を動かさずにごろごろと寝て過ごしても消費するカロリーのことです

 

「安静時エネルギー要求量」は理想体重をもとに計算します。体型や年齢によって決められている数字を「安静時エネルギー要求量」にかけると、1日に必要なカロリーが計算されます。

 

体重は今の体重ではなく理想体重で計算します。「0.75乗」と書いていると難しく感じるかもしれませんが、√キーのある電卓を使えば簡単に計算できます。

 

電卓を使うなら「体重の0.75乗」は体重を3回かけてから√キーを2回押せば計算されます。

 

例)理想体重が10sの犬の場合
  1. 10×10×10を計算する。
  2. 1000と表示されたら、√キーを2回押す。
  3. 5.6234・・・・と表示されたら70をかける。
  4. 393.6・・・・これが「安静時エネルギー要求量」です。

 

こうして計算された「安静時エネルギー要求量」に年齢、体型によって決められている数字をかけると1日に必要なカロリー量の目安が計算されます。

 

成長期
  • 離乳から生後4ヶ月齢の倍‥3×安静時エネルギー要求量
  • 4ヶ月齢から成犬の場合‥2×安静時エネルギー要求量
成犬
  • 避妊去勢手術をしていない成犬の場合‥1.8×安静時エネルギー要求量
  • 避妊去勢手術を受けた成犬の場合‥1.6×安静時エネルギー要求量
  • 肥満気味・7歳以上の犬の場合‥1.4×安静時エネルギー要求量
  • 減量の必要な犬の場合‥1.0×安静時エネルギー要求量

 

子犬の時期と同じカロリーを摂りつづけると肥満になりやすいので、年齢に合わせて食事の種類や量は見直しましょう。

 

また避妊や去勢手術は健康面でのメリットが大きいのですが、基礎代謝が落ちるため太りやすくなります。

 

おやつの量は?

犬のカロリー計算でおやつはどうする?

1日に摂るカロリーの1割くらい、多くても2割以上にならないように気をつけてください。

 

市販のおやつはカロリーが表示されていないことも多いのですが、ジャーキーやビスケットは意外と脂肪や糖分が多く少しの量でもカロリーオーバーしがちです。

 

カロリーの把握できるもの、極端に濃い味付けでないものを選びましょう。いつも食べているドッグフードを分けて、ごほうび代わりに手から与える方法もお勧めです。

 

ドッグフードの切り替え方

ドッグフードを急に変えると、お腹をこわす可能性があります。新しいドッグフードに切り替える場合は、少なくとも5日間ほどかけて少しづつ慣らしてあげましょう。また、毎日水を入れ替えて常にキレイな水が飲めるように環境を整えておくことが大事です。

初日
  • (古)ドッグフード:80%
  • (新)ドッグフード:20%
2日目
  • (古)ドッグフード:60%
  • (新)ドッグフード:40%
3日目
  • (古)ドッグフード:40%
  • (新)ドッグフード:60%
4日目
  • (古)ドッグフード:20%
  • (新)ドッグフード:80%
5日目
  • (新)ドッグフード:100%
あくまで目安なので、割合は愛犬の様子をみながら調節してください。