更新日:2017/11/15

慢性関節炎のワンちゃんに対するホームケア

犬の慢性関節炎ホームケア

高齢や肥満からくる犬の慢性関節炎は完治することはなく、だんだん悪くなってしまいます。

 

十字靭帯断裂など、外傷が原因で手術をすれば改善する関節炎はごく一部です。これ以上悪化させないように、適切なホームケアを取り入れましょう。

 

慢性関節炎のホームケア「3つのポイント」

  1. 体重管理
  2. 慢性関節炎に効果的な食事
  3. 無理な運動をさせない

 

体重管理

犬の慢性関節炎は体重管理が大事

「体重を減らすだけ?」と思われるかもしれませんが、肥満体型のワンちゃんは理想体重まで落とすだけでも目に見えて慢性関節炎の痛みが和らぎ鎮痛剤を減らせることに繋がります。

 

関節を痛めている時は運動量を増やして痩せるのは難しいので、食事の管理がメインです。

 

まずは、クッキーやジャーキーなどの間食やおやつをやめてみましょう。それでも痩せない時は主食を減量用の食事に変えます。

 

痩せるペースは今の体重が7kgなら1週間で70gずつ減るくらいで十分です。
1週間ごとに1%ずつ体重が減るくらいがちょうど良い減り方です。

 

無理な運動をさせない

「早く痩せさせたい。」「痛みが落ち着いて元気良く歩く姿を見たい。」と思うとついつい無理をさせがちですが焦りは禁物です。

 

痛みが和らげば進んで散歩にも行きたがりますから、そこまで待って少しずつ運動量を増やすようにしてください。

 

慢性関節炎に効果的な栄養素

慢性関節炎のワンちゃんに積極的に取らせたい栄養素です。

  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • オメガ3脂肪酸

 

グルコサミンやコンドロイチンは軟骨の材料になります。自分の体の中でも作られますが、年齢とともに合成される量が減ったり、軟骨もすり減ってたりするため補給してあげることが重要です。オメガ3脂肪酸は慢性関節炎の辛い痛みや炎症を緩やかに抑えます。

 

この3つはサプリメントでもあります。一日分を一度に取るより食事と一緒に一日何回かに分けて取った方が吸収が良くなります。

 

関節のトラブルにも配慮されたグルコサミンやコンドロイチン、オメガ3脂肪酸を豊富に含むドッグフードを選ぶことをお勧めします。