更新日:2017/12/12

便利なダイエットグッズを利用しましょう

犬ダイエット「グリーンフィーダー」

グリーンフィーダー

緑の草原のような見た目の早食い防止食器です。

 

ランダムな突起の隙間に入ったフードをつまむように食べるので20分以上かかることも。

 

犬のためのダイエット ポーションペイサー

ポーションペイサー

ステンレスのボールをいつもの食器に入れるだけで、食べる時じゃまになりドライフードが食べにくくなります。

 

これも早食い防止用です。

 

犬のためのダイエット ゆっくり食べれる食器

ゆっくり食べれる食器

 

そのままのネーミングが素敵な早食い防止食器です。

 

シンプルな食器の内側に突起があります。

 

他にも中にフードを入れて転がすと一粒ずつフードがこぼれてくるといった「おもちゃ」も時間をかけて食べさせることができるのでお勧めです。

 

一日の食事の量は変えずに、回数を増やすのも空腹対策になります。

 

食事を変えてみる

今までと同じドッグフードを与えていませんか?

 

食物繊維はお腹の中で水を吸って膨らむので、ダイエット中はカロリーが少なくても満足感が高まってお腹の持ちが良い高食物繊維のドッグフードがお勧めです。

 

低脂肪、低カロリーだけでなく、脂肪の燃焼を助けるカルニチンが強化されているものがより効果的です。

 

食べ物を与える前に

おいしそうに食べる姿を見ると嬉しくなりますが、おやつを与える前に一呼吸置きましょう。

 

軽いお散歩に出かけたりマテやフセなどの指示に従わせて遊ぶことによって、気を紛らわせるだけでなくカロリーを消費することもできます。

 

食べること以外の楽しみを教えてあげてください。

 

犬のダイエットとの向き合い方

健康のためにペットの肥満をどうにかしたいと思い立っても、食べ物をほしがる姿に負けてしまいダイエットに失敗する方が絶えません。

 

ただひたすら我慢するのではなく楽しみながら減量に取り組みましょう.

 

食事をゆっくりと食べさせる

食事の種類を変える

 

この2つで十分楽しいダイエット生活を送ることができます。