更新日:2017/10/16

困った犬の吠え癖

吠える犬のしつけ

子犬の頃から飼っているが、だんだん吠え癖がひどくなってきた、里親として引き取ってみたら吠え癖がひどいなど鳴き声についてのトラブルは深刻です。

 

家庭内だけでなくご近所にも響き渡る鳴き声が大きな問題になることもあります。なるべく早い時期に対処するべきです。

 

犬も意味もなく吠えているわけではなく、何か目的があって吠えています。吠えている理由別に対応を見ていきましょう。

理由があって吠えているケース
  • お散歩に行きたい
  • ご飯を食べたい
  • 水を飲みたい
  • トイレに行きたい
  • 構ってほしいなど

 

どんな時に吠えているのか、なにか足りないものはないかをじっくり見てください。散歩を長めにしたり、食事の量を調整するだけで解決する場合もあります。

 

環境も食事もお世話も満たされているのに、おやつを求めて吠え続けたりするような場合は決して与えず吠えている間は相手をしないでください。吠えたら良いことがあると覚えてしまうので、おやつは吠えていない時に与えてください。

 

来客に吠える場合

家族には吠えないのに、郵便屋さんやお客さんが家に来ると吠え続ける。興奮して吠え続けるワンちゃんがいるとお客さんとゆっくりお話しすることもできません。

 

ワンちゃんにとっても「怪しい人が来た!」と家族に一生懸命伝えているのに叱られるなんてかわいそうですよね。少しずつ慣らしながら、お客さまが来た時に吠えないのはいいことだと教えましょう。

 

お客さんが来ると吠える犬の対処法
  • お客さまが来られたら、まず部屋の入口で待っていただきます。
  • 入り口にいるお客さまを見つけて犬が吠えはじめたら犬のそばでしばらく待ちます。
  • どんな犬でも吠え続けるのはとても疲れるので、一息入れて鳴きやむのを待ちます。
  • 吠えるのをやめた瞬間に間髪入れずにポケットからごほうびを1粒出して与えます。
  • ごほうびを食べなければ「ヨシ」「グッド」などとほめたりなでたりします。

 

これを何度も繰り返し、慣れてきたら入り口から部屋の中に移動し、部屋の中に入っても吠えないように習慣づけます。お客さまに吠えている時になでたりビスケットを与えたりすると逆効果です。

 

ますます吠えるようになるので、吠えていない時にごほうびを与えるように徹底してください。先にお客さまが部屋に入って、後からワンちゃんを部屋に入れて慣らすという方法もあります。

 

本当に吠え癖?

犬はどこか体に痛いところがあって鳴くこともあります。また高齢になると認知症になって意味もなく吠え続けることもあります。

 

なぜ吠えるのか分からない時はかかりつけの動物病院に相談してください。