更新日:2017/07/10

無添加ドッグフードを選ぶコツ

安全な素材を使っていること
信頼できるメーカーの総合栄養食であること
犬の体に負担をかけないおいしさであること

 

安全な素材を使っているものを選ぶ

安く売れるドッグフードを作る まず節約しやすいのが材料費

「安いドッグフードでも中身は変わらないんでしょう?」とよく聞かれますが、極端に安い値段のドッグフードでは安全とは言えません。ドッグフードの値段を決める要素はいろいろあります。

 

材料費、パッケージ代、広告代、輸送費など、そのドッグフードが手元に届くまでにかかったコストが含まれています。

 

安く売れるドッグフードを作るためにまず節約しやすいのが材料費です。材料費を抑えようと思ったら人間が食べないもの、人間の食べ物を作るときにできる副産物などを安く仕入れて材料にするのです。

 

例えば鶏の羽毛や魚などを材料にしたドッグフードも実際に存在します。

 

このような材料は見た目にはタンパク質のかたまりですが、消化吸収が良くなかったり、体にとって必要なアミノ酸がバランスよく含まれていないなどのデメリットがあります。

 

また消化吸収の悪い食事から1日に必要なカロリーをとろうとすると多く食べなければならず、便の量が増えることもあります。

 

値段の高いドッグフードが必ず優れているとは言いがたい面もありますが、安い価格には何か理由があると考えるのは間違いではありません。

 

メーカーを選ぶ

ドッグフード選びに迷ったら専門家の声

どのメーカーのドッグフードを選ぶか迷うかもしれません。そんなときは専門家の声に耳を傾けてください。

 

獣医師は病気のことだけでなく、健康管理全般の専門家です。

 

動物病院で獣医師に質問しづらければ動物看護師に聞いてみたり、他の飼い主や信頼できるサイトから情報を集めるのもいいでしょう。

 

おいしさで選ぶ

おいしそうにドッグフードを食べる姿を見ると嬉しくなりますが、犬の健康にあったおいしさを選びましょう。

 

極端に甘いもの、塩辛いもの、脂っこいものも犬は喜んで食べますが、栄養バランスは乱れがちです。

 

暑くても汗をかかない犬は人間ほど塩分を必要としていません。同じ体重の人間と犬を比べたら、犬が1日に必要とする塩分の量は人間の半分から1/3くらいと言われています。

 

濃い味付けになれると、もしも腎臓や心臓が悪くなって薄味の食事に変えなければならなくなった時に食事の切り替えで苦労します。

 

過剰な味付けのドッグフードは避けることをお勧めします。素材のおいしさ、旨味やコクのあるものを選びましょう。

 

犬が食事をする理由

 

犬が食事をする理由

なぜ毎日欠かさず食事を取るのか?食べなければ飢え死にしてしまうからですよね?

 

食事をする一番の目的は1日に必要なカロリーをとることです。その次に大切な目的が必要な栄養素をとることになります。

 

食事の中には大きく分けると「炭水化物」「タンパク質」「脂肪」「ビタミン」「ミネラル」「水」の6つの栄養素が含まれ、それぞれに大事な役割があります。

 

  • 炭水化物‥体を動かすエネルギーの元になる
  • タンパク質‥体を作る材料になる
  • 脂肪‥エネルギーの元になったり、体を作る材料にもなる
  • ビタミン‥体の機能を調節する
  • ミネラル‥骨や歯の材料になったり、体の機能を調節する
  • 水‥体の機能を調節する

 

ただし栄養はたくさん摂ればいいというわけではありません。

 

例えば脂肪は摂り過ぎると太ってしまいますが、極端に減らした食生活を続けると毛ヅヤが悪くなったり皮膚が乾燥したりします。

 

それぞれの栄養を必要な分だけバランスよくとるのが健康な食生活です。
無添加であるだけでなく、栄養バランスの優れた総合栄養食を選んでください。