更新日:2017/10/16

犬の便秘症状と改善方法

犬の便秘症状

犬の便秘症状

  • お腹が張る
  • 便が固い
  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 嘔吐

犬は、通常1日に1回以上、便をする動物です。散歩中に排便する犬がほとんどなので、1日2?3回する犬が多いと言われています。

 

1日便が出ない日があったとしても、次の日また排便すれば心配はないですが、2日以上便が出ない場合は、便秘になっていると考えられます。

 

嘔吐やお腹の張りなど、犬に元気がなく、ぐったりとしているときは、病気の可能性があります。早急に、動物病院へ連れて行ってあげてください。

 

犬の便秘を改善する4つの方法

食事を見直す

犬が食べているドックフードが原因で、便秘になっている可能性があります。食事を見直し、便秘解消によいドックフードを選んであげましょう。

 

水分を多く摂らせる

便秘解消には、水分を多く摂らせることが一番です。水分を多く摂ることで、便がやわらかくなり、排便しやすくなります。犬が、いつでも好きなときに、きれいな水を飲むことができるように、用意しておいてください。

 

あまり自分から水を飲みたがらない犬には、ドックフードをお湯や水でふやかして与えてみましょう。食事と一緒に水を食べることができるので、とても効果があります。

 

適度な運動をする

散歩などの適度な運動をさせることで、腸の動きも良くなります。また、運動すると喉も乾くので、水分を摂るきっかけにもなります。

 

散歩でしか便をしない犬もいるでしょう。その場合は、散歩の回数や時間を増やしてあげることで、便をする機会を作ることも効果があります。

 

マッサージをしてあげる

下腹部を、まるく円を描くように、ゆっくりとマッサージしてあげてください。下腹部に優しく触れることで、腸を刺激し、便の排出を助けます。マッサージで下腹部を温かくすることも、腸の働きを活発にしてくれるのです。

 

また、飼い主さんと触れ合うことで犬が安心し、便秘が解消されるという場合もあります。

 

犬の便秘になる原因は?

水分を摂る量が少ない

水分を摂る量が少ないと、便に含まれる水の量も減少してしまいます。そうすると便がかたくなってしまい、排出されにくくなります。かたくなった便は、腸にどんどん溜まり続け、さらに便秘がひどくなってしまうという悪循環になるのです。

 

運動不足

運動不足だと、腸の運動にも影響を及ぼします。適度に運動させることで、腸の働きを活発にしてあげてください。

 

ストレス

人間と同じように犬もストレスが原因で便秘になる場合があります。犬は、特にストレスの感じやすい動物です。知らない人が家に来た、遠い場所に遊びに行ったなどまわりの環境が変化することで、想像以上に多大なストレスを感じてしまうのです。

 

老齢犬

犬も歳を取ると、腸の働きが鈍くなり、便秘になることがあります。また、加齢と共に、排出するときに使うお腹や足の筋肉も落ちてしまうのです。

 

病気

なんらかの病気が原因で、便秘になる場合もあります。病気の種類には、肛門周辺の病気、ヘルニア、前立腺の病気、誤飲、腸閉塞、などが考えられます。

便秘解消によいドックフードの条件

適量の食物繊維を含んでいること

便秘解消に適したドッグフード

食物繊維は、人間と同じように、犬の便秘にも良いと考えられています。食物繊維は、胃で消化されずに、全て便として体の外へ出ていきます。そのため、便の量が増え、腸の働きも活発になるのです。

 

また、腸の中に溜まったままの便も一緒に排出してくれるので、便秘も解消されるという効果があります。

 

ただし、食物繊維が多く含まれすぎると、便秘がさらに進んでしまうという場合があります。便の量が増えることで、より排便が困難になるのです。便秘の犬に、「食物繊維が豊富」と記載されているドックフードを与えるのは避けましょう。適量の食物繊維を含んだドックフードがおすすめです。

 

穀物の含有量が少ないこと

犬は、トウモロコシや小麦などの穀物をうまく消化できないと言われています。きちんと胃で消化されないので、食べた穀物のほとんど全てが、便として排出されます。そのため、便の量が増え、便秘の犬にとっては、さらに便秘をひどくしてしまうのです。

 

もちろん、「穀物が犬にとって有害な物質である」という意味ではありません。

 

便秘ではない犬にとっては、便が多くなることで排便を促すという効果があります。また、穀物は腹持ちがいいので、少量でも満腹感を与えることができるのです。便秘解消には、穀物の割合が多く含まれるようなドックフードは避けてください。「犬に満腹感を与える」と謳われているようなドックフードには、注意しましょう。

 

犬の便秘は、ドックフードを変えてあげることで治る可能性があります。日頃から、便秘になりにくい生活習慣を心がけ、犬に合ったドックフードを選んであげることが大切です。