更新日:2017/05/29

大切な家族 ワンちゃんとの思い出づくり

犬との

休みの日に家族で出かけるのはとても楽しいですよね。最近はペットも一緒に出掛けられる施設が本当に増えてきました。

 

思い出に残る楽しいおでかけにするためには準備をしっかり行ないましょう。

 

  • 目的地で利用できる施設を調べる。
  • 必要な書類を用意する。
  • ペットの荷造りも忘れない。

 

犬とお出かけ前の下調べ

  • ドッグランはあるのか?
  • ペットも入店できるカフェなのか?
  • ペットも散歩できる公園、施設なんだろうか?

 

愛犬と旅行やお出かけするときなどの準備と必需品 ドッグランはあるのか

日帰りならワンちゃんが一緒に楽しめる施設を過ごしましょう。せっかく出かけても、犬の散歩が禁止されている公園だと台無しになっちゃいますよね。利用できる時間や条件も大切ですので、忘れずに調べましょう。

 

宿泊予定ならペットも宿泊できる宿泊施設を探します。

 

チェックするポイント
  • ペットも同じ部屋で宿泊できるのか?
  • ペットも入浴できるのか?
  • 他の宿泊客のペットと同じ部屋になる可能性はあるのか?

 

こちらも犬の大きさや種類によって制限がある場合がありますので確認しましょう。

 

書類の準備

 

国内での旅行になぜ書類が必要なのかと思われるかもしれませんね。しかし準備不足で施設を利用できずに帰る方も、実は結構いらっしゃるのが実状なんです。

 

  • 狂犬病予防注射の接種証明書
  • 混合ワクチンの接種証明書
  • ノミダニの予防駆虫証明書

 

こういった書類の提出を求められることがあります。これらの書類はかかりつけの動物病院で発行されます。

 

 

予防接種に関しては1年以内に摂取している証明書、ノミダニに関しては1か月以内に予防薬を塗布していることが求められる場合が多いです。

愛犬と旅行やお出かけするときなどの準備と必需品 書類の準備

 

面倒なようですが、逆にこういった対応がなければ施設で伝染病やノミダニが大流行する可能性がありますので、面倒でもきちんと対応されている施設を選ぶといいでしょう。

 

ペットの持ち物

 

  • いつものドッグフード
  • いつもの食器
  • キャリー
  • リード
  • 首輪
  • 迷子札
  • 常備薬
  • ペットの写真
  • ペットシーツ

 

最低限、これだけは用意しましょう。宿泊先でワンちゃん用のごちそうが用意される場合もありますが、食べなれないものは受けつけなかったり、慣れない環境でお腹の調子が悪くなることもあります。

 

いつものドッグフードも日数分より少し多めに持って行くといいでしょう。

 

またどんなに広い公園でもリードをつけずに放すのはマナー違反です。首輪、リードは必ず持参しましょう。万が一旅先で迷子になると自分では帰宅できません。

 

マイクロチップを入れていても迷子札を首輪につけたり、すぐに周りの人に行方を確認できるように最近撮った写真を持参するか携帯に入れるなどしておくことをお勧めします。